相続コンテンツ

相続コンテンツ

相続時精算課税制度

相続時精算課税制度とは・・・・??

贈与税と相続税を一体化させた課税方式になり、将来において相続関係にある親から子へ生前贈与を行い易くするための制度です。

相続時に精算することを前提に、2,500万円までの贈与なら、贈与税が非課税扱いになります。贈与税の額が非課税枠を超えた場合に一律で20%の税率で課税され、その贈与税は相続の際に贈与財産を相続財産に加算して計算された相続税額から控除されます。(贈与財産は贈与時の価額とします)また、贈与税額が相続税額を上回る場合には還付されます。

財産の評価方法

区分 方法
土地・
建物
市街地にある宅地 路線価方式 宅地が接する道路の価格によって評価する
郊外や農村地にある宅地、田、別荘など 倍率方式 固定資産税評価額に基づき評価する
家屋 固定資産評価額と同額とする
株式 上場株式 課税時期(相続のあった日)の属する月の毎日の最終価格の月平均額などからもっとも低い額
気配相場等のある株式 課税時期の取引価格や公開価格などによって評価する
取引相場のない株式 同族会社の株式など。類似業種との比較や純資産などから決定する
国債、社債など 発行価額などから評価する
預貯金 普通預金 預金残高によって評価する
定期性預金 預金残高に既経過利子の金額を加え、源泉徴収された税額を控除して評価する
ゴルフ会員権 おおむね取引相場の70%で評価する
美術品、宝石、書画、骨董品 売買実例価額、売買価額及び専門家による鑑定価額
電話加入権 取引相場がある場合は取引価額、取引価額がない場合は国税局長が定める標準価額で評価する
特許権、著作権 将来受け取ることになっている補償金や印税などから考慮される

相続税法では、財産の価額については、一般に取得した時の時価によるとしており、財産の種類ごとに一定の評価方法や評価基準が定められています。生命保険や定期金などの一定の財産については、相続税法で評価方法が決められています。

それ以外の資産については、国税庁が、財産評価基本通達や個別通達で、財産の評価方法に関する税当局の統一的解釈を公表しています。通達は法律とは異なり、納税者にその内容を強制する性格のものではありませんが、相続税の実務評価においてきわめて強い指針性を有するものと一般的に考えられています。

相続対策ってどうするの?

【保険による対策】

知らないだけで税金が大きく変わってきます!!
対策をお考えの方は是非一度専門家のアドバイスを!!

相続において相続の基礎控除(税金の優遇)があるように、生命保険にも基礎控除が別に存在します。この知識を知っているかどうかで優遇される税金が変わってきますので、相続対策によく使われます。

【一時所得にする方法】

相続財産が多く高額な場合、かかってくる相続税率も高くなってきます。その場合には・・・
長男を契約者(保険料負担者)と受取人にし、被相続人を被保険者としておくと、万が一の場合に長男に支払われる死亡保険金は相続税の対象になりません。(一時所得となります)

この時、長男がその保険料を負担することが難しい場合、 被相続人が贈与することもできます。これを保険料贈与といい、例えば毎年120万円ずつ贈与しても贈与税額は1万円で済みます。

相続コンテンツ

全てを表示

北海道の税理士をお探しの方はこちら

無料相談・お問い合わせ